So-net無料ブログ作成

粘り過ぎないように [トレード日記]

昨日は若干のマイナスで終わった1日でした。
ドル円を買っていたので損切りを連発し、ため息が止まらなかったのですが、
ふと思いついたユーロドルショートで、マイナス分をほぼ解消。
残ったマイナス分は、今日の9時台のクロス円ロングで取り返しましたし、
気分的には割と良い感じです。

今日はドル円とユーロドルを見ていきます。



ドル円60分足

ドル円11月16日.png

前日の予想レンジ(17時から翌日7時まで):112.90~113.60
結果:112.48~113.19

昨日の午前中にストンと落ちてしまったドル円は、
サポートになっていた113.25がレジスタンスに切り替わってしまい、
欧州勢参入後はほぼ一本道で下落していきました。
一時112.65で下げ止まりましたが、
再度下落を始めた後は、112.48まで下値を拡大。
ただ、ここには大きな買いがあったのか力強く押し戻し、
112.50台にも届かなくなると、今度は急反発を開始。
あっという間に113.20まで上昇していきました。
その後、上昇圧力は長く続かず112.70まで緩みましたが、
現在は少し戻した後のもみ合い中で、112.90台をウロウロしています。

完全に的外れな方針を立ててしまいました。
112.90付近で一旦止まると思っていたので、その時点で1回目の損切り。
また、CPIが予想より良くなっていたので買ってみたのですが、
NY連銀製造業景気指数がかなり悪化したため強い下落となり、
ここで2回目の損切りをして、そこから触るのをやめてしまいました。
後からチャートを見ると、112.50は買いが入りそうな水準に見えますし、
経済指標よりもチャートを参考にした方が良かったですね……。


今日の予想レンジ(17時から翌日7時まで)
→ 112.70~113.25

久しぶりの112円台ということで、戻り売りの圧力は強そうですが、
特別な材料がないのなら、112.70付近で下げ止まると思っています。
昨日の安値からの急上昇はインパクトがあるでしょうし、
ショート勢はほどほどのところで手仕舞いするのではないでしょうか。
ただ、ロング勢も113.25を上抜けていないことが頭にあるはずですし、
一旦ここでは跳ね返されてしまうと思います。

どちらかと言えば買いで入る方針です。
112.90付近から70にかけて買い下がり、割れたらストップという感じですかね。

主要4通貨の組み合わせは、どの通貨ペアもやりづらい印象です。
日足のボリンジャーバンドは上下がほぼ平行になっているため、
2・3日上なら次は下みたいに、レンジ取引になるのではないかと。
ドル円でしたら、112.50~114.50くらいですかね。


ユーロドル4時間足

ユーロドル11月16日.png

1.15~1.16台で推移していたのが遠い日のように感じます。
昨日は1.186まで上昇し、ショートはかなり切らされたと思いますが、
10月中旬に上値を抑えた水準が今回もレジスタンスとなったため、
利食いによって急降下したような印象です。

今日は1.1815と1.1820にオプションがあるようなので、
そのあたりを意識した値動きが出てくるかと思います。
ですので、まずはオプションの少し上あたりからショートで入ろうかなと。
昨日の高値を越えたらストップですかね。
上手く行くようでしたら少し長めに持ってみて、
1.175台くらいまで期待してみようかなと思っています。


ドル円とユーロドルに挟まれるユーロ円は、133.00にオプションがあるようですね。
どの通貨ペアが、よりオプションを意識しているのかを見ながら、
慎重にトレードできるように気をつけたいところです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。