So-net無料ブログ作成

汚くてもそれが自分に合うのなら [トレード日記]

昨日はもったいないことをした1日でした。
ユーロドルショートでさっさと損切りを済ませて、
今日の自分はユーロドルと合わないと判断し、ポンドドルに変更。
そちらではそれなりに満足したのですが、やはりユーロドルの損切りが響き、
喜べるようなブラスではない状況です。
ポンドドルで取れたなら、ユーロドルの方がわかりやすいはずなんですけどね。

今日はドル円とポンドドルを見ていきます。



ドル円60分足

ドル円11月15日.png

前日の予想レンジ(17時から翌日7時まで):113.20~114.10
結果:113.30~113.91

東京時間中に113.60~75くらいで上下していたドル円は、
欧州勢参入後に上方向へレンジ幅を広げ、17時台には113.91まで上昇しました。
しかし、ここからの買いは続かず、一本調子で上がって行くユーロドルの圧力もあり、
ジリジリと値を下げて、113.30付近まで下落してしまいました。
その後、113.30~50の間で小動きをしていましたが、
ゴトウ日の仲値を期待したロングが手仕舞いしたのか、
今日の10時台にストンと落ちてしまい、113.00付近まで下落。
現在も戻りが弱く、113.20付近で推移しています。

徐々に安値を切り上げていたので、昨日は少し上方向を期待しました。
そういった意味では、113.90まで上がってきたのは納得という印象です。
ユーロドルが急上昇したことでドルを持っていると損という雰囲気になったことと、
4時間足の雲がレジスタンスになって、上値を抑えてしまいましたが。


今日の予想レンジ(17時から翌日7時まで)
→ 112.90~113.60

東京時間中にクロス円が下落しているので、頭の重さを意識せざるを得ません。
ただ、日経平均の下げの割には、思ったほど下落していないような印象もあります。
ですので、112円台をつけたとしても早めに下げ止まるのではないかと思っています。

上値に関しては、未明に上昇を阻まれた113.57付近がレジスタンスになりそうですし、
このあたりでは一旦売っておきたいですかね。
113.75を越えたら一旦ストップして、昨日の高値113.90付近で売り直しでしょうか。
今日は114.00に大きめのオプションがあるようですし、
そこをはっきり上に抜けることはないかと思っています。


ポンドドル4時間足

ポンドドル11月15日.png

こういってはアレですが、まともな相場ではないような印象です。
昨日の経済指標は予想より低い数字が出て、少し下を探りに行くような時間がありましたが、
ダメそうと見られると、あっという間に上へ持ち上げられる展開で、
ポジションの偏りだけを見てトレードするような状況が続いています。
そういう動きのおかげで、昨日のポンドドルの上昇を取ることができたのですが。

ポンドは売りたい通貨なので、
ロングを持っていたとしても、ある程度上がれば持っているのが怖くなって売られ、
ショートを持っていたとしても、他の人たちもショートのため下がりきれなくなり買い戻される。
ですから、何かを材料にしてポンドドルが強い動きを見せた時は一切触らず、
じっくりと待ちながら逆張りしていくのが良さそうかなと考えています。

そういう前提で、今日の経済指標が悪く、1.31台割れまで下がってきたとしたら、
1.306~1.308くらいまで引きつけてロングで入ろうかなと思っています。
反対に、経済指標が良いようでしたら、
1.322付近に近づく時の値動きを見て、止まるかどうかじっくり待ち、
1.31台割れを狙ってショートしてみる予定です。
4時間足だとローソク足のヒゲが判断材料ですかね。
あとは、日足の雲を頼りにする感じで。


ユーロドルは明日のオプション付近まで来ているので、
今日の主役はドルとポンドかなと思っています。
スキャルならユーロドルを選ぶと思いますが、
少し長めに持つならポンドドルで、値幅を期待していきたいです。
タグ:FX ドル円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。