So-net無料ブログ作成

待って待って [トレード日記]

昨日は良くないトレードを連発して、その間に狙っていたチャンスを逃す残念な1日でした。
チャンスを待っている間に、
時間を潰そうと思って、別なことをしてしまったのが原因ですね。
自信を持ってトレードできるのなら、その1点に集中した方がいいと感じさせられました。

今日はドル円・ユーロドル・ポンドドルを見ていきます。



ドル円60分足

ドル円11月3日.png

前日の予想レンジ(16時から翌日6時まで):113.30~114.25
結果:113.53~114.22

昨日の東京時間中の安値113.70台が底堅かったことから、
欧州勢参入後は、東京時間のレンジを上に抜けて114円台へ乗せて、
114.00~20の間で揉み合う展開が続きました。
ところが、アメリカの税制改革法案についての発表がされると相場が乱高下。
それまで下値を止めていた113.70台が割れると、一気に113.50付近まで下落し、
今度は突っ込んだショートが切らされるように、再び113.70台へ戻ってきて、
結局114円台を回復する行って来いの展開となりました。
ロングもショートも痛い目を見た後は小動きを続けて、
現在は114.00付近で推移しています。

自分にはちょっと無理な相場だったと思います。
レンジ設定だけで言えばほぼ成功しているのですが、
114.20台に上がってきた時に、すぐに利益が出そうになかったので売らず、
その後、あっという間に113.70を割ったので、もっと引きつけて買いたくなり、
結局ポジションを取ることができなかったですね。

114円台だけで上下している時間帯が長かったので、
114.00を割ったことでロングの手仕舞いが殺到し、そこにショートが乗っかったと思います。
次に、113.70を割ったことでさらにショートが乗っかり、ポジションが偏り始めて、
税制改革法案が思ったよりも悪くなかったことでショートが手仕舞いを始め、
一旦割った114.00を背中にしたショートが叩こうとするものの、上昇圧力が強く、
損切り買いで114.20まで持ち上げられたという状況でしょうか。
何というか、勝者が少なさそうな展開ですね。
勝った人はかなり利益が出たと思いますが。


今日は雇用統計ということで、大まかな上限下限を見ていこうと思います。
まず上限ですが、114.50付近がどうなるかですかね。
ここ最近は、114円台に乗るとだいぶ動きが鈍くなるので、
114.20~50はどうしても売りたくなるゾーンです。
トランプ大統領のアジア歴訪があるので、
できれば円売りポジションを整理しておきたい気持ちになるかと。

下限については、昨日割れなかった113.50と、
10月31日に1度底堅さを確認した113.25付近が目安かと思います。
今のところ、さらに下まで掘り下げるような材料はなさそうですし、
雇用統計の数字が悪くても行って来いになるでしょうから、
113.25くらいなら突っ込み売りも満足してくれるのではないでしょうか。

雇用統計発表後の初動は上と思っていますが、
週の引けがどの水準になるのかの方が気になりますね。


ユーロドル60分足

ユーロドル11月3日.png

1.16台を割ったことで、ユーロに対する弱気が一気に出てきたかと思います。
少なくとも、自分はそう思いました。
それによって、ショートポジションが溜まってしまったのか、
今のところ、1.16台割れが遠くなり、上昇チャネルに沿った動きをしています。

今日の段階では、チャネルのレンジが1.1625~1.170くらいとなっています。
このチャネルをどちらかに抜けていくには、もう少し時間がかかりそうな気がしますし、
上限下限を頼りに逆張りしていくのが良さそうですかね。
このチャネルを抜けた時はすぐに損切りして、
トレンドができたのか、ボックスになったのかを確認しようと思います。


ポンドドル60分足

ポンドドル11月3日.png

MPCは7対2で利上げを決定しました。
ですが、市場は今後の利上げはかなり先という見方をして、ポンド売りが一気に加速。
1.32台割れ→1.31台割れを早いペースで進めて、
一時は1.304台まで下落しました。
さすがに、少しはポンド買いが出ているため、
現在は1.307台に戻してきています。

戻り売りで臨むつもりなので、どのあたりでエントリーするかですが……。
1つ目は、昨日一時的に下落を止めた1.308台半ば~1.309付近。
2つ目は、0時台の高値と10月25日の安値が一致している1.311付近。
3つ目は、昨日の22~23時台に上値を止めた1.313付近。
それぞれの水準で、細かくポジションを持ってみようかなと思っています。
1.315を越えていくなら、一旦やめるしかなさそうですね。
今現在はポンドを買う理由がないですし、
ここを越えるということは、ドルに何か理由が出てきているでしょうから。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。