So-net無料ブログ作成

余計なことはしない・できない [トレード日記]

昨日もほとんどトレードをしない1日でした。
トレード方針の大前提だったユーロドル下落が早々に否定されたので、
そこからいろいろ検討したものの、はっきりとしたイメージが湧かず、
触らない方が良さそうという判断です。
後から見ると、ほとんどの時間で揉み合いが続いたようなので、
余計なことをしなくてよかったかなと割り切っています。

今日は、ドル円・ポンド円・ユーロ円の順に見ていきます。



ドル円60分足

ドル円8月24日.png

昨日の9時に109.80台をつけたものの、階段を下りるように値を下げていき、
今日の朝方には108.80台をつけました。
ただ、そこからは買いがしっかりと入って、109.20付近まで回復。
現在は、若干伸びきれずに109.10台となっています。


まあ、明日のジャクソンホールでの講演がありますし、
大きな動きはほとんどないんでしょうね。
何となく、108.90~109.50くらいの値幅で見ているので、
何か流れを変えるような情報が出てこない限りは、
このレンジの上限下限で逆張りというイメージです。


ポンド円8時間足

ポンド円8月24日.png

これと言って新しいニュースのないポンドですが、
ドル・ユーロ・円すべてに対して弱い状況となっています。
特に、対ユーロでは0.92台に乗せていて、
目先の止まりそうな水準は0.93までなさそうな雰囲気です。
今から一直線に上昇するということはないと思いますが。

そして、対円ですが、節目に近づいてきています。
6月12日の安値が138.60台なのですが、
ここを抜けるかどうか、気になるところです。

仮に下抜けすると、1つ目のサポートが137.00~50くらい、
そこも抜けると136.15とか、4月の安値135.50台というのもありそうですね。
あくまで138.60を下抜けした場合の話ですが。

そんな節目に近づいたタイミングで、今日はGDP改定値の発表があります。
好材料なら140.30~50くらいまで上値があるかもしれませんが、
悪材料なら138円台は十分ありそうな雰囲気ですね。


ユーロ円60分足

ユーロ円8月24日.png

ドルやポンドに対しては好調を維持していますが、
対円では129.00~20にかけてが重い状況です。
ここを抜ければ129.50→70と行きそうですが、
ジャクソンホールでの講演がありますし、今日は様子見の雰囲気ですかね。

129円台の手前から売ってみて、129.20をはっきり越えるならストップして、
128.60付近で半分決済して、40までには全部手仕舞いする感じでしょうか。


エントリーの水準にやって来るまで時間がかかりそうですが、
イベント前なら仕方ないことですし、じっくり待ってトレードしようと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。