So-net無料ブログ作成
検索選択

無茶はしない [トレード日記]

昨日は、絶好の時間にチャートを見ることができず、微妙な収益に終わり、
今日の午前中は、クロス円で売り向かって大きく負け。
今月に入ってからの収益をすべて消して、マイナスを抱えてしまっています。
雇用統計を控えている今日だけでは、
マイナス分を消すことができるとは思えないのが苦しいところです。
博打を打つようなものですし。

今日はドル円だけを見ていきます。
ポンド円を見ていると、トレードできなかった悔しさが出過ぎてしまうと思うので。



ドル円15分足

ドル円8月4日.png

20時前までは110.60付近で粘っていたドル円でしたが、
ポンド円の急落をきっかけにして、クロス円が連れ安になる展開となりました。
すでに2回止められている110.30付近で何とか止まったため、
110.50付近まで持ち直しを見せましたが、
悪い経済指標やニュースが入ったため、今日の9時近くには109.80台まで下落。
ですが、109円台の買い意欲はあるようで、わずかな時間でここを脱出し、
現在は110.10台で推移しています。


振り返ってみますと、やはり三角のサポートブレイクしたところで下に走り、
少し上がってきたものの戻しきれず、また下に走るといった動きになっています。
23時の下落は、経済指標の影響が大きいことは否めませんが。

個人的に、今日の午前中にミスした理由を探しているのですが……。
109円台の買い意欲と、雇用統計前の買い戻しが原因なのかなと思っています。
109.90付近からの上昇は今日の9時台から始まったのですが、
米債利回りはほとんど動かず、日経平均も様子見だったので、
実質ゴトウ日扱いとなったことで、輸入企業の円売りが多く出たのかなと。
そういう上がり方だと、ショートしている人たちは手仕舞いした方が安全ですし。
自分は、明日がゴトウ日と勘違いしていたため、気づいた頃にはすでに大ケガでした……。


今日は雇用統計ですので、どのくらいのレンジで動くのかを考えてみようと思います。

まず、上方向ですが、110.60が重そうに感じます。
昨日20時までここで揉み合っていたのと、
20時の下落からの戻りが110.60まで戻らなかったことを思うと、
一旦このあたりで止まるのではないでしょうか。
もしかしたら、オーバーランのような状況で、
7月11日の高値から引いたトレンドライン付近、110.80手前があるかもしれませんが

次に、下方向ですが、109.60付近が1つ目のサポートかと。
4月と6月の安値からトレンドラインを引くと、大体このあたりに線がやってきます。
ここを割れるとしたら、110.40もしくは20でしょうか。
ただ、今日もどこかでまとまった買いが出てきそうな気もしますし、
109.60付近で止まると思いますけど……。


雇用統計時の初動は、上で始まるかなと思っていますが、
方向性は平均時給で決まりそうですし、数字を見るまでは油断できませんね。

あと、雇用統計が悪かった時は、
ユーロ円が130.50を維持できるかも注意したいと思います。
これが割れそうになると、買い支えが出てくるかもしれませんが、
仮にはっきり割れたとしたら、クロス円全体の下げにつながる可能性もあるかなと。
8月2日に突破した130.60付近のレジスタンスライン以下に戻ってしまうことになり、
「円は強い」と意識付けされそうな気がしますし。


無理に追いかけず、落ち着いたところで入るのが安全ですし、
指標の結果を見て、上値もしくは下値から調整されたところで入るのが良さそうでしょうか。
タグ:FX ドル円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。