So-net無料ブログ作成

ひたすら待つ [トレード日記]

いつも午前9時台にトレードをしているのですが、
個人的な興味で閉会中審査を聞いていたため、ほとんどトレードせず。
そろそろ欧州勢が参入してくるので、頭を切り替えないといけないですね。

今日はドル円とユーロ円を見ていきます。



ドル円30分足

ドル円7月24日.png

111.10台でスタートしたドル円は、9時台に110.75まで下落しました。
ただし、ここは日足の雲下限付近ですので、下落は一旦ストップし、
現在は、上値は重いながらも111円台へ戻してきています。


自分としては、昨日考えた通り、111.40より上で売る方針に変わりないので、
ここまでの動きについては、それほど気にしていないです。
日経平均の戻しに合わせた動きなのかなと思っているので。

22日の午前1時以降から111.20以下で定着していますし、
20を越えれば、ストップをつけて111.40付近まで上がってくると考えています。
そうなると、次のレジスタンスは21日午前0時台の111.48付近。
このあたりで上昇が止められてしまうなら、まだ上値の期待はできなさそうですね。


ユーロ円4時間足

ユーロ円7月24日.png

ユーロドルの上昇で上がるものの、ドル円の下落に引っ張られて下がるという、
板挟みの状態が続くユーロ円。
中期や長期でのトレード方針を組み立てづらい展開が続いています。


月足で見て、2016年12月の高値と先月・6月の高値でトレンドラインを引くと、
今月は129.60付近に線が引かれています。
ここをローソク足の実体で抜ければ、ユーロ円はまだまだ上昇すると判断できるのですが、
ここ数日は、ちょうどそこを挟んで行ったり来たりしているんですよね……。

ユーロ円は主体性のある動きを見せる通貨ペアと言い切れないので、
ドル円やユーロドルの状況を見て判断することが必要かと思います。
ただ、はっきりとした動きが出るまでは、
トレンドライン付近で逆張りして、もう一方のトレンドラインで決済で行こうかなと。
ストップは、前回の高値もしくは安値を更新した時ですかね。

あとは、買いと売り、どちらがより安全かを考えるくらいでしょうか。
ユーロドルが上がる・円高が止まると考えるなら買いから。
ユーロドルが揉み合う・円高が止まらないと考えるなら売りから。
自分は後者の考えなので、130円台で売ってみようと考えています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0