So-net無料ブログ作成
検索選択

信じられない [トレード日記]

昨日は、長い時間待ったトレードもあれば、
瞬発力を求められるトレードもあり、精神的に疲れる1日でした。
かなり疲れる動きをしていましたし、もう今日は休んでもいいような気がします。

とはいえ、相場は土日以外は休みなく動いていますし、方針は考えようと思います。
今日はドル円と、ユーロ円についてのざっくりとした感想です。



ドル円30分足

ドル円7月21日.png

昨日の10時台から、クロス円の上昇とユーロドルのジリ安に押されて、
18時台には112.40台にタッチ
その後は、イベントリスク回避のムードで上昇圧力が勢いを失い、
21時半のドラギ総裁発言からは、ユーロドルが急上昇する展開となりました。
同じタイミングでユーロ円も上がっていたため、しばらく持ちこたえていたのですが、
0時前にはユーロドルが単独で上がる展開となり、ドル円は急降下。
前日に割れなかった111.50が一瞬割れることとなりました。
ただ、売りは長くは続かず、今日の3時台には112円付近まで回復。
現在は111.70付近に値を下げています。


昨日は方針通りに112.40から売って、15付近で決済。
もう少し下を期待していたのですが、我慢の時間が長く続いたことと、
ドラギ総裁の発言前だったので、リスク回避のため手仕舞いしました。
ドル円が急降下した時には、すでにトレードをやめていたので、
買いの方針通り(111.90で買い・ストップ75)に入っていたら、串刺しでしたね。

正直、昨日の動きを見た後だと、今日はそれほど動かないかなと思っています。
112.50をしばらく越えていないので、この付近は売りが強まるでしょうし、
111.80以下は、昨日下値を伸ばした時にできたショートが残っていそう。
目線は売りですが、あまり期待せず、ほどほどで手仕舞いしようと思います。

112.20~40で売りから入り、50越えでストップ。
決済は111.70~90を考えていますが、112円台で手仕舞いするかもしれません。
買いから入るのでしたら、111.75以下で買って、昨日の安値更新でストップ。
決済は111.90より上で、112円台に乗ってくれればラッキーというイメージです。


ユーロ円4時間足

ユーロ円7月21日.png

昨日の値動きには驚かされました。
もう少し下に来てから上がると思っていたので、
それほど緩まずに急上昇したのを見て、慌てて売ってみたら捕まる展開。
自分は21時半頃に129.28→60→88とポジションを増やして、
129.53で何とか逃げ切ったのですが、
その時すぐに130円を突破せず、逃げるチャンスができたのは本当にラッキーでした。

とはいえ、ユーロ円がどうしてこんなに上がったのか、まだ不思議な気持ちです。
もちろん、ユーロドルの上昇が原因ではあるのですが、
ユーロをそこまで買っていく理由があったのか、イマイチわかっていないので。
もしかしたら、もっと下の方で買おうと待っていて、
いつまでも来ないから無理矢理買い上がって行ったとかでしょうか。
ドルで持つより、ユーロで持つ方が安心なんですかね。

個人的には、130円台は売り場を探す水準と考えています。
理由は、クロス円の要・ドル円の上値の重さですね。
対円で1番取引されているのはもちろんドルですし、
力関係が「ドル≦円」の状態では、いくらユーロが強くても円の弱さを証明できないかなと。
「円が1番弱い」とはっきりすれば、ドル円も少しずつ上昇し、
ユーロ円の上値も伸ばすことができると思いますが……。
昨日の動き方だと、これ以上期待するのは難しいかなというのが、自分の考えです。


夏場の「円キャリートレード」を信用できない気持ちが、自分の考えの多くを占めているので、
それが間違っているなら、どこかで方針転換をするか、大負けすると思います。
ですけど、これは自己責任ですし、自分が受け入れないといけない痛みでしょう。
それでも何とか生き残っていけるように、日々の相場に向き合っていかないといけないですね。
タグ:FX ドル円
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0