So-net無料ブログ作成
検索選択

さあ、どうなるか [トレード日記]

ついに8日がやってきました。
何でも起こりそうな日ですし、危険を冒してまでトレードする日ではないと思いますが、
一応、チャートだけは見ておこうかと思います。

ドル円とユーロドルです。



ドル円15分足

ドル円6月8日.png

昨日の夕方以降も109.70が重たい状況が続き、109.11をつけたドル円。
その後は徐々に下値を切り上げて、今日の10時前には110円にタッチ
イベント前ということで、しばらく揉み合いが続くかと思われたところに、
日銀の出口戦略に関する観測が流れて、109.38へ値を落としました。

昨日は「109.20でストップ」と言った自分ですが、どうしても気持ちが切り替えられず、
禁断の手「損切りをずらす」を行い、109.20以下まで買い下がり、
結果、朝方に手仕舞いをしたため、若干気分が良いところです。
別の言い方をすると、「調子に乗ってる」ですが。

引き続き、今日も買い目線でいます。
揉み合いを続けてからストンと落ちてしまったため、
とりあえず109.55以下、109.40付近まで買いで入ってみて、
昨日の安値割れでストップをする予定です。
もし本当に上がるようでしたら、110.50~70を期待したいかなと。

クロス円で言うと、ドル円・ポンド円は買い目線です。
日足ボリンジャーバンドの反対側の2σが収束に向かっているので、
一旦安値をつけ終えたのかなと思いまして。
反対に、ユーロ円はボリンジャーバンドが拡大し始めそうなため、売り目線です。

ただ、ドル買いをするなら、ユーロドルの方が良さそうな気もしますね。
6月のユーロのイベントは今日でほぼ終了なので、
他の通貨にネガティブな材料がなければ、ユーロが一旦売られると思いますし。


ユーロドル15分足

ユーロドル6月8日.png

乱高下と言うしかないようなチャートですね。

売り目線でいます。
1.126台から売り上がって、1.129台に乗るようでしたらストップ。
1.120台で少し決済して、1.110台を期待しつつ数日保有というイメージです。
14日のFOMCまで売り目線で行きたいと思いますが、どうなるでしょうか。


今日のトレードは、そこそこに利益が乗ったら手仕舞うのが安全かと思います。
期待しすぎて、建値決済もしくは損切りになると精神的にも厳しいでしょうし。
…それがセオリーだと思うんですけどね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: